FC2ブログ

都議会ヤジ問題

都議会のヤジ問題……そろそろ忘れ去られる頃かね。



なんとな〜く、ツイッターとかフェイスブックで
感じるところ………意見は大きく二つに分かれてるね。



あの女は元タレントで、涙は演技で作戦だ。
きっと黒幕がいるにちがいない。だいたい女の涙はきたねぇぞ。



あのヤジは許せない! 品位がない。
ぜひとも全員名乗り出るべきだ。




意見はおおむねこのどっちかだな。



で、都議会の対応などの記事を読んでいたところ、ふと………

小学生の頃、学級会で


「給食のパンをゴミ箱に捨てた人は正直に名乗り出なさい」


という先生の怒りのあと、教室内がシーンとなったことを思い出した。
(人間って、どうでもいいようなくだらないことを覚えてるもんだわな〜)



なんか、税金使ってなにやってんだ? こいつら? って気分になった。




セクハラとは!?


セクハラ110番




就職した頃、当時は女の人は皆、事務員だった時代だから、
私はとっても珍しかった営業で、外回りをしていたんだが、
今にして思うとエブリディセクハラだったなぁ………(ー_ー )ノ" パス(しみじみ)


「スカートを脱いだら契約してあげよう」


なんてことを真面目な顔でおっしゃる
某大企業の総務部長さんもいらっしゃいました、はい(笑)



個人情報保護法とか、ストーカー、セクハラ……
弱い物を守る条例や法律が次々に出来たこの数十年。


そのこと自体はきっと大切なことなんだろうけど、
条例や法律を作る奴らがこの程度だもんな〜


でもって、法で守られた権利ばかりがねじ曲がって
モンスターペアレンツや、モンスターカスタマーとか
モンスターがあっちこっちで出現し始めた。

日本中がモンスターだらけ………
(叫び声や泣き声や笑い声で電力を供給できる時代が近いか? 笑)



こうなると、もう議会や法律ではなくて
化学特捜隊の出番か?
シュワッチ(。-_-。)/。・。・゜★・。・。☆・゜・。・



え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、



セクハラまみれだったその昔、
条令や法律は整備されていなかったけれど、
法は守ってくれなかったけれど、それでも、
人と人との係わりはもっと温かくて…………、
切なくて、愛おしくて、濃くて、情けなくて、
ださくて、目が離せなくて、強くて………
でも、なんかよかったよ、今よりずっと♡


センスのないヤジしか飛ばせない程度の頭が集まって
「常識論」や「有るべき論」で条例や法律作るのもいいけど、
たぶん、これからの時代は小さな単位のコミュニティが
もっともっと重要な意味を持ってくるんじゃないかな?
と、根拠もない女の勘がそう言っている。



地域の専門店は、もっと地域に根ざすべきだし、
地元の活性化に貢献できると思う。
その貢献や、コミュニティの中心になることが、
客づくりだし、ファンづくりに直結してくる。
そんな気がしてならない。


地元

地域




そんなキーワードに、未来へのきらめきを感じるわ(☆。☆)


竹富島に取材に行ったとき、通い婚の話しを聞いた。
日本では多分、最も最近まで通い婚の風習があったのが
沖縄の離島なんだそうだ。


時々、間違えて別のオトコが通ってくる(笑)
(間違えなのか?)
自分の夫かどうか、暗闇で分からない……
だから自分で心を込めて織った帯を夫に贈り締めて貰う。
帯には「いつの世までも足繁く通ってください」という
意味が込められた模様が織り込まれている。
自分で織った帯ならば暗闇でも分かる。


そんなロマンチックでステキな話だったんだけど、
「でも、実は、ずいぶん別のオトコも通ったみたいよ〜」って
長老が大爆笑して、回りの女性たちも大爆笑していた。


いやだわっ!破廉恥でっ!貞操観念ってもんがないのかしらっ!?
なんてことは、ひとつも思わなかったし、イヤらしさも感じなかった。
「なんだか悪くないな〜っ」て思ったし、
この大らかさもなんだかすてきだな〜って、そんな風に思った。
(※通い婚ウェルカムという意味ではありませんのでご注意ください 笑)


自然に抱かれて、自然を畏怖して、自然と共に暮らしていると
そんなふうに大らかになれるのかもしれないな。
少し、うらやましいような、そんな気がした。

気候も、風土も、歴史も、風習も違う日本の各地が、
もっと地元の昔ながらの祭りとか
地元ならではの風習や常識を大事にできたらいいな。
そしたら、人はもっと心豊かで幸せになれる気がする。


人の営みは、自然と、他人との係わりの中で育まれてきた。


地域の専門店が、地域の中心となって、地元でしかできないいろんなことを
活性化して、地元を明るくしたり、楽しくしたり、幸せにしたり
出来たらいいな。


教育水準とか、所得ランキングとか、そんな偏差値や順位に惑わされずに……。


7月23日の夏季セミナーには、そんな気配を感じる2人の専門店経営者が登壇する。
去年登壇して話題になった九州の門司の吉田時計店さんもそうだった。
地元への貢献、地元への愛、地元ならではのイベント………




これからの時代のキーワードのような気がしてならない。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つむぎ

Author:つむぎ
株式会社PR現代の、なんでもやる課の編集者&マーケッター。
好奇心旺盛な働く主婦.
「和の生活マガジン花saku」編集してます。
「花sakuOnLine」運営してます。
年中いろんな企画を立ててます。
いろんな冊子や雑誌を作ってます。
呉服店やジュエリーショップなどの販促企画、販売員研修や、産地やメーカーさんで商品開発などのお手伝いもやってます。

一年中全国各地で、それはそれは面白い出来事と遭遇! 
特に出張中の事件遭遇率はすごい!
(いつかまとめてみたい珍事件の数々)

トレッキングやキャンプ大好き!
歌舞伎大好き!
和太鼓や各種スポーツも大好き!
書道大好き、お絵かき大好き!
旅行大好き(出張は別)!
温泉大好き、昼寝大好き、ひなたぼっこ大好き!


田舎暮らしの晴耕雨読が夢。


体力と根性と、料理早作り技とスピード家事が自慢!
近頃はベランダガーデニングにも夢中。

ものすごく遅いスピードで断捨離中。

運転大好き!
ドライブ一人カラオケ絶叫大会も大好き!

老眼だしあんまり暇がないけど読書が大好き!
宮尾登美子、宮本輝、山﨑豊子、池井戸潤、藤沢周平、山本周五郎、山本一力、浅田次郎、阿刀田高、三浦綾子、遠藤周作、高橋克彦、松本清張、島田荘司、篠田節子、ジェフェリー・アーチャー、ジョン・グリシャムああああキリがない。



















Naoko Oshita

バナーを作成

リンク
着物ファン1万人のポータルサイト
この記事について
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
つぶやきます
楽しいとき、嬉しいとき、面白いとき、なんか見つけたとき、思ったとき、感じたときにつぶやきます。
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム