FC2ブログ

頑張った人には神様は必ずご褒美をくれます

第49回夏季セミナーのその日、
私は、懇親会に出ないでお帰りになるお客さまのお見送りの係でした。

準備にあたって、実行委員長から一人ひとりにリーダー役が命じられますが、
それとはまた別に、「当日」の動きの中で、細かく担当が命じられ、
その一つひとつを全員がきちんとやることで、セミナーのオペレーションが
なんとかまわっていくのです。


そんな中のひとつが、懇親会に出ないでお帰りになるお客さまのお見送り。
1階の、冷房の効いていない入り口付近でお客さまお一人おひとりに
挨拶をするので、汗だくですが、少しお話ができるので、やりがいのある
お仕事でもあるのです。


他のみんなは懇親会の準備や、クロークや、セミナー会場の片付けで
それぞれが最も忙しい時間。
予期せぬコトも起きるので、それぞれがその場で判断して行動しています。

そこに、お客さまと当社の担当者のKちゃんが降りてきました。
Kちゃんは、自分の担当店のお客さまがお帰りになるというので、
忙しい時間でしたが、下まで見送りに来たのでした。


この日はKちゃん3回目の司会者挑戦。
実は、初めての(1回目の)チャレンジの時は、
緊張感や準備不足もあってあまり上手くできませんでした。
エライ人からは「無理なんじゃないか?」「なんでやらせたんだ?」
などの指摘もあって、どうしたものかと思っていました。

ちょっとしたクセがあって、同じことを繰り返して言ってしまったり、
Nの行がこもってしまったりするのですが………、
その後、話し方教室へ通ったり、色々な本を読んだりして
人知れず努力を続けていたKちゃん。

もともと、滑舌が良いわけでもなく、声が通るわけでもないし、
機転が利くほうでもないので、それは大変な努力だったと思います。

2回目のチャレンジの時に、私が大きなチャレンジをするときに
指にはめていたダイヤのリングをお守りにプレゼントしました。
使い古した安物ですが、そのリングをしているといつも上手くいく
「お守り」のリングです。

2回目は、1回目の時よりも格段に上手くなって、
滑舌も良くなり、聞き取りやすかったし、大きな声がお腹から出ていました。
何より、「なかなか直らないだろうな〜」と思っていた、繰り返しのクセが
直っていて、それは正直驚きでした。

台本をしっかり作って、何度も練習をしてコトにあたったKちゃんの、
努力にすごく頭が下がりました。
それでも、まだまだ課題は多く、臨機応変とか、状況判断とか、
司会者に求められる多くのことがKちゃんの課題として残りました。

そして今回の夏!
3回目。
自分が司会をやるよりも緊張していた私。
ここから先の課題はとてもテクニックとかコツだけで解決できる課題ではなく、
大きな課題だと認識していたからです。

でも、Kちゃんは2回目よりさらにバージョンアップして司会をこなしました。
完璧とは言わない。
しかし、彼女のポテンシャルは最大限に発揮されたし
努力しただけのことはありました。


二人でお客さまを見送ったあと、思わず私は「よかったよ」と、
司会がとても上手に、すてきにやれていたとKちゃんに声をかけました。
その時のKちゃんの「やりきった」という笑顔が清々しくて……
すごく輝いていて、キラキラしていて、本当にステキに見えました。
そうしたら、なぜか感無量になって目頭が熱くなってしまったのです。

Kちゃんは、抱えていた書類を抱え直して、私に指を見せてくれました。
そこには、去年私がプレゼントしたリングが光っていて、
「直子さんにもらったリングのおかげでなんとかやり切りました」と
すてきな笑顔で言ってくれました。

リングのおかげなんかじゃないのはもちろん分かっていたけれど、
私は本当にうれしくて、うれしくて、Kちゃんがエレベーターに乗って
懇親会の会場へ急いで向かった後、1階のエレベーターホールの前で
涙を堪えることができませんでした。


体育会テニス部だった30年も昔のこと。
試合に勝つために苦しい練習を続けて、
お化粧とか、ファッションとか、恋愛とか、その他の趣味とか、
たくさんのことに興味が尽きない時代に、真っ黒に日焼けして
毎日、毎日、朝練、夕練を繰り返していた日々のことを思い出しました。

この日のKちゃんの表情は、手を抜いたり、上手にごまかして、
要領よく練習をこなした後の試合では、勝っても負けても、
ゼッタイに見ることのできない極上の笑顔だったのでした。

真剣に、必死で頑張った人だけに神様がくれる特別な笑顔。
究極の疲労感の向こう側にある「達成感」を得た人だけに
ゆるされる清々しい笑顔をKちゃんは見せていました。



頑張った人には、神様は必ずご褒美をくれます。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つむぎ

Author:つむぎ
株式会社PR現代の、なんでもやる課の編集者&マーケッター。
好奇心旺盛な働く主婦.
「和の生活マガジン花saku」編集してます。
「花sakuOnLine」運営してます。
年中いろんな企画を立ててます。
いろんな冊子や雑誌を作ってます。
呉服店やジュエリーショップなどの販促企画、販売員研修や、産地やメーカーさんで商品開発などのお手伝いもやってます。

一年中全国各地で、それはそれは面白い出来事と遭遇! 
特に出張中の事件遭遇率はすごい!
(いつかまとめてみたい珍事件の数々)

トレッキングやキャンプ大好き!
歌舞伎大好き!
和太鼓や各種スポーツも大好き!
書道大好き、お絵かき大好き!
旅行大好き(出張は別)!
温泉大好き、昼寝大好き、ひなたぼっこ大好き!


田舎暮らしの晴耕雨読が夢。


体力と根性と、料理早作り技とスピード家事が自慢!
近頃はベランダガーデニングにも夢中。

ものすごく遅いスピードで断捨離中。

運転大好き!
ドライブ一人カラオケ絶叫大会も大好き!

老眼だしあんまり暇がないけど読書が大好き!
宮尾登美子、宮本輝、山﨑豊子、池井戸潤、藤沢周平、山本周五郎、山本一力、浅田次郎、阿刀田高、三浦綾子、遠藤周作、高橋克彦、松本清張、島田荘司、篠田節子、ジェフェリー・アーチャー、ジョン・グリシャムああああキリがない。



















Naoko Oshita

バナーを作成

リンク
着物ファン1万人のポータルサイト
この記事について
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
つぶやきます
楽しいとき、嬉しいとき、面白いとき、なんか見つけたとき、思ったとき、感じたときにつぶやきます。
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム