FC2ブログ

消えゆく「鼻濁音」

昨日の朝日新聞に

「鼻濁音」来世紀ほぼ消滅


という記事があった。


ガ ギ グ ゲ ゴ


は、悪者や怪獣の名前によく付けられる。
強そうだからだ。

こんな本まである。
「怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか (新潮新書)」
なぜガギグゲゴ

著者の黒川伊保子さんといえば、
語感分析法を開発した、感性分析の第一人者。

なんとなく、これからの時代
その「感性」っていうのが
とても重要なキーを握っているような気がする。




で、伊保子さんといえば、こっちを思い出す人も多いのでは?

いいおとこ


ま、それはそれとして、


イリオモテヤマネコもトキも、絶滅危惧種と聞けば、
とても危惧してしまう。
カバだってコウノトリだってオオカミだってシマフクロウだって、
絶滅危惧種と聞けば危惧してしまうではないか!


そして、とても悲しい気持ちになる。


言葉も生き物。

ボインとか、チョベリグとか、ハンサムとか、
消えていった言葉も多いんだが………


なんとなく、その……「鼻濁音」がなくなるのはとても淋しい。



NHKのサイトにこんなのをみつけた
click

ここclick



日本の(日本語の)いいところは、
なんとなく「曖昧」なところでもある……
というか、その「感性」に追うところがとても多く、

春を表す言葉も、

雨を表す言葉も、

とてもたくさんの種類があって、そしてその
微差や、息一つの間合いでも
感じ取る「感性」が日本人にはあるんだと思う。

そんなことが「合理的」とか、そんなことで
消えていくことがとても悲しくて仕方がない。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つむぎ

Author:つむぎ
株式会社PR現代の、なんでもやる課の編集者&マーケッター。
好奇心旺盛な働く主婦.
「和の生活マガジン花saku」編集してます。
「花sakuOnLine」運営してます。
年中いろんな企画を立ててます。
いろんな冊子や雑誌を作ってます。
呉服店やジュエリーショップなどの販促企画、販売員研修や、産地やメーカーさんで商品開発などのお手伝いもやってます。

一年中全国各地で、それはそれは面白い出来事と遭遇! 
特に出張中の事件遭遇率はすごい!
(いつかまとめてみたい珍事件の数々)

トレッキングやキャンプ大好き!
歌舞伎大好き!
和太鼓や各種スポーツも大好き!
書道大好き、お絵かき大好き!
旅行大好き(出張は別)!
温泉大好き、昼寝大好き、ひなたぼっこ大好き!


田舎暮らしの晴耕雨読が夢。


体力と根性と、料理早作り技とスピード家事が自慢!
近頃はベランダガーデニングにも夢中。

ものすごく遅いスピードで断捨離中。

運転大好き!
ドライブ一人カラオケ絶叫大会も大好き!

老眼だしあんまり暇がないけど読書が大好き!
宮尾登美子、宮本輝、山﨑豊子、池井戸潤、藤沢周平、山本周五郎、山本一力、浅田次郎、阿刀田高、三浦綾子、遠藤周作、高橋克彦、松本清張、島田荘司、篠田節子、ジェフェリー・アーチャー、ジョン・グリシャムああああキリがない。



















Naoko Oshita

バナーを作成

リンク
着物ファン1万人のポータルサイト
この記事について
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
つぶやきます
楽しいとき、嬉しいとき、面白いとき、なんか見つけたとき、思ったとき、感じたときにつぶやきます。
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム