FC2ブログ

藤井聡太5段誕生おめでとうございます(〜からの個人的意味なき考察)

スゴイ!藤井聡太五段誕生\(^O^)/

すごい快挙なのだ。そうなのだ。報道を見ていて、将棋界の詳しいことは分からないけれどすごいことだとよく分かりました。強さや将棋についての云々は、何か言えるほどの知識はなく、ただ、報道を見て「そうか」「そうか」と思うばかりですが……、

個人的にスゴイと思うことはまず、13時間もの長い時間、中学生が「集中」していられるというその集中力。そして、13時間正座をしていられると言う中学生!さらに投了が11時5分だったとか。私は中学生の頃、11時まで起きていられませんでした。夜10時以降は未知の時間でした。

さらにさらにどうでもいいことですが、私には、どうしても藤井聡太五段が中学生に見えません(汗)
お母さんにワガママ言って泣いたりしている姿がまったく想像できません。

最近は、夜、居酒屋へ行くと子連れの方もいたりして、とても小さな子ども達が居酒屋で元気いっぱいにご飯を食べているのを目にしたり、夜遅くに近所の銭湯へ行くと11時過ぎに子どもがお風呂に入っていたりして、ちょっぴり違和感を覚えています。どうして起きていられるんだろう? ちびっ子や小学生が11時頃にご飯を食べて大丈夫なんだろうか? いや、それよりなにより、どうして起きていられるんだろう? 

成長ホルモンは、夜寝ているときの、特に10時〜2時にかけて分泌すると聞いたことがあります。ホントかな? 大人でも成長が止まっても(厳密には体重体脂肪のことじゃなくて、身長の成長だったかな?)、人が生きて行く上で必要なエネルギーを作るのが成長ホルモンじゃなかったか?

そんな大事な時間に居酒屋にいていいのか? 子ども達? そんな大事な時間に銭湯ではしゃいでいていいのか? 子ども達? 

と思う昭和の女なりの考察ですが……

2020年にはコンピュータプログラミングが、小学校教育に取り入れられるそうです。サイバー系の犯罪が起きるたびに、高校生だったとか、中学生だったとか、犯人が子どもでビックリ!みたいなニュースに遭遇することがあります。スッゲーな、なんで子どもにそんなことできちゃうんだろう? いやいや、子どもだからできちゃうんですよねぇ?

当社でも約10年前くらいから、入社後の社員教育のプログラムが変わって来ました。「パソコンの使い方」に要する時間が徐々に減り、ついに、ここ数年は入社したその日からパソコンを使える社員さんばかりになりました。ベテラン社員が新入社員にパソコンの使い方を尋ねるというシーンもちらほら。そう、卒論はパソコンで書くのが当たり前ですし、部活やサークルの仲間との連絡や制作物などもパソコン。パソコンはまさに彼らの生活の一部になっているので何の抵抗もなく仕事を始められるのです。

むしろ、彼らがへたくそなのは会社の電話。
携帯電話からスマホの普及によって、電話は個人から個人へかかるものになりました。その上、ほとんど電話はせずにメール、LINEなどで連絡を取り合うことに慣れている。ソレが当たり前になって「家電」の存在意義が薄れていく中、電話の取り次ぎ経験というものは異様に少ないので、鳴った電話に出ることにすごく抵抗があるようです。

あと、急須でお茶を入れたことのない社員もいますよ。茶葉を見たことはなく、お茶というのはペットボトルに入ったモノを購入するんですから。ま、それはいいや。

とにかく、パソコンは生活の一部。そして次はプログラミングまで!
という話しです。

中学校の教育に着付けを取り入れるまでに、業界の皆さんがどれだけ東奔西走して運動して頑張ったことか……。それでも家庭科の先生が着付けができなければ教科書を読んで1時間で終わりという学校もあるそうで、なかなか学校教育の内容を変えたり、浸透させたりするのは大変だなぁと思っていたところへ、プログラミングが必須って!?

でも、当社のウェブディレクターの神山の一家が我が家に遊びに来ると、3年生の長男は私のパソコンで遊び、年長さんの次男は私のiPadで遊び、一番チビの4歳の女子はパパのスマホでそれぞれ遊んでいて、特に使い方が分からなくて困っている様子もないので、そういうもんなのか〜とただ、ただ驚くばかり。

まぁ、すでに2012年頃からプログラミングの教育は(なぜか家庭科の授業で)少しずつ始まっているわけですし、IT教育が必要なのは言うまでもなく、2020年には、プログラマーは40万人不足するという試算もあるそうで、AIの進化により、インターネット上の店舗(ネット通販)の接客まで24時間AIに任せられるようになり、どんどん、どんどん「人の手」がいらなくなるように、「効率的」であるようにと猛烈なスピードで進化を続ける世の中。

数年前までは(芸能人でも)「俺、まだガラケーなんだよね〜」なんていう変わり者が、個性的でシュールでちょっぴり格好いいような雰囲気を出せていましたが、もはや「俺、まだガラケーなんだよね〜」という人は、シュールとか、個性とか言ってる場合じゃなくて、仲間には入れない、連絡が来ない、情報が得られない、楽しみが減る、友だちが減る、人生のあらゆるチャンスが減るというイイコト何もナシ! という時代ですから……

「コンピュータープログラマーになりたい」というのは、「看護師さんになりたい」、「警察官になりたい」、「学校の先生になりたい」とかそういう当たり前のことっていうか最も求められる職業になったのでしょうね。なりたくても私はなれません。勉強をしていませんから何も分かりません。でも、これからは教育を受けて、自分に向いている、楽しい、やれるという人が増えるので、職業選択の一つとなるのでしょう。

藤井聡太五段におめでとうといいながら、ここまで話しが飛躍するという……
(いつもながらの風が吹けば桶屋が儲かる的思考回路)

そこで、あくまでも個人的な近未来予測として

○「視力」の低下がかなり大きな社会問題になる
パソコンやスマホの画面を見る時間が圧倒的に増えている。子ども達も増えている。視力が悪くなる子どもが増えて、メガネやコンタクトは更なる進化、変化を強いられるんじゃないか? いや、眼科も忙しくなるんじゃないか? レーシック手術が進歩するんじゃないか?

○平均身長が低くなる
二十歳の頃と比べると、私、1センチくらい縮んだんですよ。来年の検査こそ、もっと背筋を伸ばして頑張ってみようと思いますが、とにかく年々少しずつ小さくなってます。
それとはまったく別に、「時間」の使い方が昔とぜんぜん違います。私たちが子どもの頃は、子ども達が見るであろう時間帯、見るべき時間帯に放映されるテレビ番組で育ってきましたが、これからの子ども達は、テレビ番組は見ません。好きな時間に好きなモノをスマホやパソコンで見ます。テレビ番組と違っていくらでもある。「来週のお楽しみ」じゃなくて、際限なく見たいモノがある。睡眠時間の減少と、成長ホルモンの出る時間帯に起きている子どもが増えていくと、日本人の(先進諸国の)平均身長は低くなるんじゃないかしら?

それにともなって、美味しいモノがカンタンに入手でき、「チン」とすりゃ食べられる上、ママ達の就業率も高いので、インスタント食品や冷凍食品の率、外食の率は高くなる一方、子ども達の運動量は減るので、「成人病」と呼ばれていたいろいろな病気や肥満の年齢がどんどん下がっていき、ご長寿国を誇る日本の平均寿命も短くなるのではないかしら?

○手仕事が評価されるようになる
ウルトラスーパー便利ライフの中で、どうしても人の手が必要な仕事、手のぬくもりを感じる品々の評価が高まるんじゃないか? ここには大いに期待をしたいところ。コンピュータプログラムに向かないけれど、手先が器用、センスが抜群、なんていう子ども達が、手工芸、伝統工芸の世界で活躍出来るようになるといいなぁ〜(これは予測じゃなくて願望)


その昔、ぽっチャットした下ぶくれの顔が「イケメン」だったそうじゃないですか。平安時代とか!光源氏なんてもう、福笑いみたいな顔だったっていうじゃないですか!? そのうち、チビでデブで分厚いメガネをかけたプログラマー志望の青年が「イケメン」って言われるかもね〜〜〜

以上、藤井聡太五段から光源氏に辿り着きました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つむぎ

Author:つむぎ
株式会社PR現代の、なんでもやる課の編集者&マーケッター。
好奇心旺盛な働く主婦.
「和の生活マガジン花saku」編集してます。
「花sakuOnLine」運営してます。
年中いろんな企画を立ててます。
いろんな冊子や雑誌を作ってます。
呉服店やジュエリーショップなどの販促企画、販売員研修や、産地やメーカーさんで商品開発などのお手伝いもやってます。

一年中全国各地で、それはそれは面白い出来事と遭遇! 
特に出張中の事件遭遇率はすごい!
(いつかまとめてみたい珍事件の数々)

トレッキングやキャンプ大好き!
歌舞伎大好き!
和太鼓や各種スポーツも大好き!
書道大好き、お絵かき大好き!
旅行大好き(出張は別)!
温泉大好き、昼寝大好き、ひなたぼっこ大好き!


田舎暮らしの晴耕雨読が夢。


体力と根性と、料理早作り技とスピード家事が自慢!
近頃はベランダガーデニングにも夢中。

ものすごく遅いスピードで断捨離中。

運転大好き!
ドライブ一人カラオケ絶叫大会も大好き!

老眼だしあんまり暇がないけど読書が大好き!
宮尾登美子、宮本輝、山﨑豊子、池井戸潤、藤沢周平、山本周五郎、山本一力、浅田次郎、阿刀田高、三浦綾子、遠藤周作、高橋克彦、松本清張、島田荘司、篠田節子、ジェフェリー・アーチャー、ジョン・グリシャムああああキリがない。



















Naoko Oshita

バナーを作成

リンク
着物ファン1万人のポータルサイト
この記事について
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
つぶやきます
楽しいとき、嬉しいとき、面白いとき、なんか見つけたとき、思ったとき、感じたときにつぶやきます。
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム