FC2ブログ

節電に、ネオンサインよりも「のれん」を!

久しぶりにのれんをかけた

三越の地下入り口が面白い。


これだ!三越。



ツイッターでも、のきなみ評判もいいようだ。



日本の老舗が、久しぶりに粋なアイデアを見せてくれた。




なんとなく、少し……
嬉しい。




これでいいんじゃないか?


電気が足りていても、足りていなくても、
私たちの日常は、明るすぎたんじゃないか?




老舗も、老舗じゃなくても
商人なら「のれん」を出そう。
のれんを誇ろう!!






さて、最近の原発のニュースを頻繁に見ながら、
いろいろなことを憂う中で、

「自然界に存在しない物質」


という言葉がものすご~~~~~~~~~~く引っかかっている。


太古の昔から、自然に寄り添い、自然と共に生きて来た日本人には
「自然界に存在しない物質」はいらないんじゃないかとつくづく思う。


少しだけ便利な生活をする為に、
日本人は、命に関わる「自然界に存在しない物質」との共存、共生を選択したのか?

そう考えると悲しくて情けなくて仕方ない。
私はなんと愚かだったのだろうと思えてならない。



そのことで、多少、ネオンサインが暗くても、
夏や、冬が過ごしにくくても、
その分、秋や春の訪れを待ちわびる風情にいろいろな文化があったはずだ。



明るくて、暖かくて(涼しくて)便利すぎる世の中よりも、
四季のある日本が、四季のある日本らしく
美しく、たおやかに、しなやかに古き良き姿を取り戻したら良いと思う。


人一倍汗かきの私は、昨年の暑さを思い出し、この夏を想像するだけで

戦意喪失!

という状態ではあるけれど、


室外機から、さながら「暴力」のように吐き出される熱い空気によって
どんどん、どんどん都会はヒートアイランド状態になっていくという
人が生み出した悪循環。

この矛盾を、
日本人が、日本人のチカラで解決する、最後のチャンスを神様が与えてくれたのかもしれない。
そう思えてならない。


神様に選ばれてしまった東北地方(東日本)は、とても辛い、
言葉では言い尽くせないほどの哀しみと苦しみを体験している。

でも、坂上田村麻呂が大勢の精鋭を率いて、最高峰の軍備で攻めてきた時も、
東北は負けなかった。
自分たちの誇りの為に、故郷や家族を守り抜く為に戦った。



きっと乗り越えられる。
乗り越えたい。



もう、自然界に存在しない物まで駆使して便利な生活をするよりも、
自然とともに、自然に寄り添い、時に畏怖しながら、
この美しい星を、美しい日本を大切に次の世代に渡すことを
今、多くの人が選んでくれるんじゃないかと思う。


今、私たちは本当に、その責任を問われているんだ。









スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つむぎ

Author:つむぎ
株式会社PR現代の、なんでもやる課の編集者&マーケッター。
好奇心旺盛な働く主婦.
「和の生活マガジン花saku」編集してます。
「花sakuOnLine」運営してます。
年中いろんな企画を立ててます。
いろんな冊子や雑誌を作ってます。
呉服店やジュエリーショップなどの販促企画、販売員研修や、産地やメーカーさんで商品開発などのお手伝いもやってます。

一年中全国各地で、それはそれは面白い出来事と遭遇! 
特に出張中の事件遭遇率はすごい!
(いつかまとめてみたい珍事件の数々)

トレッキングやキャンプ大好き!
歌舞伎大好き!
和太鼓や各種スポーツも大好き!
書道大好き、お絵かき大好き!
旅行大好き(出張は別)!
温泉大好き、昼寝大好き、ひなたぼっこ大好き!


田舎暮らしの晴耕雨読が夢。


体力と根性と、料理早作り技とスピード家事が自慢!
近頃はベランダガーデニングにも夢中。

ものすごく遅いスピードで断捨離中。

運転大好き!
ドライブ一人カラオケ絶叫大会も大好き!

老眼だしあんまり暇がないけど読書が大好き!
宮尾登美子、宮本輝、山﨑豊子、池井戸潤、藤沢周平、山本周五郎、山本一力、浅田次郎、阿刀田高、三浦綾子、遠藤周作、高橋克彦、松本清張、島田荘司、篠田節子、ジェフェリー・アーチャー、ジョン・グリシャムああああキリがない。



















Naoko Oshita

バナーを作成

リンク
着物ファン1万人のポータルサイト
この記事について
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
つぶやきます
楽しいとき、嬉しいとき、面白いとき、なんか見つけたとき、思ったとき、感じたときにつぶやきます。
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム